【卒乳後の胸】20代でも垂れ削げて小さくなった体験談

美胸に必須!バージスラインの解説と作り方
仙台 ぶり子

高校生と小学生の子持ち主婦!育乳ブラまにあ管理人の仙台ぶり子です♪

妊娠線がひどいので着画は肌色補正あり。

モデルさんのようにキレイなバストではありませんが、普通の子持ち主婦が着けるとこんな感じなのねという目で見てください!

30代後半になり急激な体型変化とノーブラ&カップ付きインナー生活で、卒乳後育乳ブラで改善した垂れ削げが再発!!

自分に合うブラを探しつつ、皆さんの『体型に合わせた育乳ブラ選び』をお手伝いします。

161cm57kgアンダー73cm-トップ93cm

フォローしてね♪

前回投稿した【バージスラインがない原因】あなたも崩れ始めているかも? という記事では、実際にノーブラ生活で崩れたバストを参考画像に、バストの垂れや削げと深く関わりのある『バストとアンダーバストの境目にある半円を描く輪郭』、バージスラインが崩れる原因について解説しました。

バストはバージスラインが曖昧なほど崩れていきます。

バージスラインがある← →バージスラインが崩れた

●自分のバージスライン・バストのボリュームと、ブラワイヤー・ブラカップの容量が一致しないブラを使用することで、カップやワイヤーでバストが潰され脂肪が背中やみぞおちなどに流れてバージスラインが崩れたり、ブラワイヤー内でバストが広がったりする

ブラジャーの着け位置が低いとカップ内でバストが広がったり脇や背中にバストの脂肪が流れてバージスラインが崩れる

体重の増減や妊娠・授乳が原因でバストが急激に大きくなったり小さくなったりするとバストラインが不安定になる

ノーブラやカップ付きインナーではバストの脂肪が流れてバージスラインが崩れる


今回は、わたしが実際に『バージスラインを失い、バストが垂れ、削げて、上乳がえぐれた』体験談を書いていきます。

小・中学生のブラ選びから美乳作りは始まっている

これまで

【バージスラインがない原因】あなたももう崩れ始めているかも?
バージスラインとはどこのこと?自分のバストを知ろう

という記事を通して、10代からバージスライン(バストライン)の崩れが始まっていると伝えてきました。

わたしの場合は、中学生の頃は母親とブラジャーを共有していて、痩せ型でしたが、アンダー80のAカップを使用していました。

中学生の成長途中のバストは不安定かつ敏感なので、締め付けや刺激が少ないものを選びます。

最近は発育の良いお子さんが多いので、早ければ小学生くらいから、バストの形のためにはバージスラインを支えバストを包み込む柔らかいカップ付きインナーを使用するのがベストです。

ブラジャーの選び方や着け方はお母さんが教えてあげてください。ブラが体に合わない場合に他社メーカーをすすめてくれるフィッターさんに会ったことがありません。


その後もブラジャーを選ぶときは、デザイン重視

もうひとつのこだわりは、服の上からのラインが好みだからとトップに丸みのあるブラを愛用してました。

デザインもラインもキレイなトリンプが特にお気に入り。

あとはゆるくもキツくもないアンダーサイズと、バストが収まるカップのもの。それもパットを入れてちょうど良いサイズを選んでいました。

今思えば、ダメなブラ選びのお手本です。

B~Cカップ程度だったと思いますが

バストのボリュームに合わせるとバスト上部や谷間部分が潰れてしまい、サイズを上げると脇側に隙間ができてしまうので、パットを入れてDカップを着けることが多かったです。

当時はなぜかわからなかったですし、深く考えませんでしたが、

バストのボリュームに合わせるとどこかが潰れたり隙間が空いてしまうというのは、バストのバージスラインとワイヤーの幅が合っていないということです。

バストトップに丸みのあるものはバージスラインが広いブラ
バストトップが尖っているブラはバージスラインが狭いブラ

の傾向があります。

容量が同じでもワイヤー幅が狭い方が胸に高さが出て尖っているように見えます。


バージスラインとワイヤーが合わない場合は、谷間側のバージスラインや脇側のバージスラインをワイヤーで潰してしまっている可能性もあります。



このようなブラ選びで、わたしは10代にして離れ乳気味で、谷間のできないバストでした。

でも当時はまだハリがあって上向き。

産後・卒乳後のケアがバストを大きく変える

産後・卒乳後しばらくはバストが大きいままで、育児の忙しさからもそれほどバストケアに意識が行かない女性が多いと思います。

しかし、産後・卒乳後のバストケアをするかしないかで数年後のバストが全く変わります。

バストは崩れれば崩れるほど補正に時間もお金もかかります。


わたしの場合は、

1人目授乳後は産前と同じC~Dカップ。妊娠線はひどかったものの、垂れはそれほど気になりませんでした。

2人目授乳中はバストがGカップほどあり、ハリもありました

卒乳後は多少しぼんだものの気にせず、ワイヤー入りのブラが窮屈に感じたので長期間授乳用のブラ(補正効果のないナイトブラのようなもの)や、ラクなブラを使用していました。

近所のファッションセンターで1000円くらいで買ったノンワイヤーブラや、授乳中に使用していたブラ、働いていなかったので自宅で1日中ノーブラで過ごすことも多かったです。

子育てがひと段落ついて、自分に意識が向くようになったころ、垂れて削げてフニャフニャのおばあちゃんのようなバストになっていることに気が付きました。サイズはA~Bカップ。

27か28歳の頃です。

しかも、妊娠中に大きくなった乳輪のサイズも色もそのままです。

今思い出しても悲しくなります。何も手入れしなかったことを深く悔やみました。

(実は卒乳後わりとすぐににバストアップサプリやバストアップクリームをいくつか試したのですが、目に見える効果がなかったし、そこまで垂れていなかったので諦めていました)

もう戻らないと思いました。夫にも申し訳なくて、触られたり見られることも嫌になっていました。



しかし、そこで偶然育乳ブラと出会い、1年でまさかの2~3カップアップ。

これについては長くなるので気になる方は最後にもリンク貼っておくのでそちらからお進みください。

ノーブラとブラトップでバージスラインが消滅

3回目は今です。

去年からブログを始めて1日中ノーブラで過ごすことが増えたこと。

パソコン作業で肩に負担がかかるためか石灰性腱炎という四十肩・五十肩のような症状が出ることがあり、その期間は下から着られるナイトブラやブラトップなどを着けるのでいっぱいいっぱいだったこと。


骨折した時もブラジャーどころではありませんでした。

カップ付きのインナーはノーブラよりはマシですが、補正のために選んだものではなかったので・・・

左右共にF70パットなし。同じブラです

左が5月11日に撮影したもの。右は昨日、9月3日に撮影したもの。

左もノーブラでいることが多い期間でバージスラインが曖昧ではありますが、今回はどんなに丁寧にフィッティングしても人字の谷間ができませんでした。

バージスラインが崩れたということです。


体調不良のときのために下から履ける『高機能なブラトップやナイトブラ』を購入すれば良かったと今気が付きました。

最近ナイトブラが流行でいろいろ出てますからね。


ちなみにこの時検索して買ったのがこのブラ
ブラデリス レーシィフィットナイトブラの口コミと着用感を画像多めで解説


ということで、現在わたしのバストはバージスラインが崩れてハリもバストのボリュームも減ってしまっています・・・

体重は増えているのに。


これからバストケアを強化してダイエットしていこうと思います!

次は、【バージスラインを作る方法】ブラだけで作った体験談

を書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました